医療と介護は密接な関係

医療と介護は密接な関係

お年寄りの人がいつまでも健康で長生きし続けるためには、介護を考えないわけにはいきません。
いくら優れた医療があったとしても、ずっと入院をしているわけにはなかなかいきませんし、必ず周りの人の介護が必要になってきます。

 

医療というと抱えている病気に対して直接行なうことを指しますが、介護の場合はもっと日常生活をサポートする行いを指します。
そして、お年寄りになればなるほど、医療と介護は密接な関係となっていくのです。

 

医療が必要な人は介護も必要になりますし、介護をされている人はたいてい医療が必要になっているのです。
ですから、すでにそうなっているのかもしれませんが、これからの医療と介護はもっと密接な関係になければならないと私は思います。気管支炎治療

 

たとえば、医療従事者が常駐している介護つき老人ホームがそれにあたります。
身の周りの世話をしてくれる介護者と、病気に対応する医療従事者がいれば、お年寄りにとってこれほど心強さを感じる施設はありません。

 

もちろん、我が家で暮らすのが1番でしょうが、それができない場合は、そうした介護施設への入所を考えなければならないのです。

 

ただ、そこまで手厚くサポートされた介護施設に入所するためには、かなりの大金が必要になるというネックがあります。
お年寄りになってから健康を維持するということは、それだけのお金がどうしてもかかってしまうのです。

 

医療と介護を密接に考えるならば、人的サポートのみならず薬についても同じことが言えます。
お薬手帳などでその人の薬についてしっかり把握しておくことが、介護でも医療でも役に立ちます。

 

薬を処方された経歴というのは人によって千差万別ですから、必ずそれについては把握しておかなければならないのです。

 

医療も介護もどちらにもお世話にならず自力で生きていければそれに越したことはありませんが、体が衰えていったり、
病気に対する抵抗力が弱くなったりしてくると、それを望むことはかなり困難です。デパスジェネリック

 

ですので、これからはしっかりと医療と介護が連携し、お年寄りがなるべく長く生きられるよう社会全体が動いていかなければならないのです。

医療の中には、噂などで伝えられている民間療法というものがあります。

 

それは、たとえば風邪でのどが痛いときはネギを首に巻くのが良いということだったり、すり傷をした部分にツバをつけるということだったり、
腰痛のときに体操をするということだったりなども、広い意味で言えば民間療法なのかもしれません。

 

この民間療法ですが、正しい対処方法もあれば間違っている対処方法もあると聞きますので、安易に信じてしまうのはちょっとリスクがあります。

 

あくまで民間療法は噂や伝聞で伝えられるものですから、それが必ずしも正しいとは限らないです。
では、どうやってそれを確かめれば良いのかというと、それはやはり医療機関に勤める医師にハッキリと聞いてみるしかありません。ヘルペス薬バルトレックス

 

医師からすれば診断の結果きちんとした医療行為をしたいと考えていますから、民間療法に関しては懐疑的な人が多い可能性はあります。
また、医療機関に患者が訪れたならばまずは薬で対処しようとしますので、わざわざ聞く必要はないのかもしれません。

 

しかし、すぐに医療機関へ行けない場合が今後あるかもしれませんし、ちょっとした世間話のついでに聞いてみるというのはアリだと思います。
そうして、医師に対して民間療法の是非について聞くことができれば、そこで正しいかどうかがハッキリとわかりますし、家庭の医療に対して役立つかもしれません。

 

医師としてはまず薬の服用をオススメするかもしれませんが、それだけが医療のすべてではないはずで、他にも健康を守るための医療行為はあるはずです。
医療の分野はとても幅広いですからいろいろな医療行為があって当然ですし、やはりすぐ医療機関を受診できるとも限らないときがありますので、
そのときのために効果的な民間療法を知っておくことも大事だと私は思います。アレルギー性鼻炎薬

 

1番良くないのはそれがわかっていないのに正しいと信じて民間療法に頼ることです。
それだと効果がなかったときにただ病状が悪化してしまうだけですので、やはり民間療法を妄信するのはオススメできません。

 

ただ、民間療法がすべてダメだというわけでは決してなく、民間療法でも役立つものは必ずあるはずです。

60歳を超えた高齢者になってくると、処方されている薬の量がとても多くなっていることがあります。

 

たとえば、私の父は毎日血圧の薬を飲んでいますし、それに加えて胃腸の調子が悪ければ胃腸の薬、風邪気味ならば風邪薬、他にもいろいろな薬を飲んでいます。それは、医療機関から直接処方されている薬もあれば、市販薬を買って飲んでいる場合もあります。

 

そんな父を見ていると、どれだけ高齢者になってから健康を維持するのかが大変なのかよくわかります。

 

そして、その父がよく漏らしていたのが、どの薬をいつどれだけ飲めば良いのかわからなくなる、ということです。
1種類2種類の薬ならば迷うことはないでしょうがそれが数種類存在していれば、確かに高齢者でなくても迷ってしまいます。痛風の薬

 

ましてや父のような高齢者ですと記憶力もあいまいになってしまいますし、本当に苦労しています。
医療機関である病院に行ってもさすがに薬を忘れないで飲む方法については教えてくれませんし、
そこは患者自身がしっかりと管理する他ないというところが、なんとももどかしいところです。

 

そこで薬を上手く飲むために、ピルケースを母が買いました。薬を小分けできますので、それを母がしっかりと分けておき、父に飲ませるというものです。
母はまだそれほど服用している薬の数が多くありませんので、そうして父の面倒を見ることができます。

 

誰からも注目されているわけではありませんが、そうして父を支えていく母を見ていると、それも立派な医療の一環なんだということを私は感じ取ります。
これから薬の量がさらに増えることはあっても減ることはなさそうで、だからこそそうして上手く薬を飲むための手段を考えることは、
とても大切なことだと両親を見ていて気付かされました。偏頭痛薬

 

夫婦だからこそできることなのでしょうが、だからといってそう簡単にできることでもないと思いました。

 

薬を飲むことによって健康が守られることはとてもすばらしいことですが、それは用法用量をしっかりと違わずに服用してこそです。
ですので、薬の飲み方についてももっと医療機関が良い手段を広めていくべきだと私は思います。

人は健康であることを常に望むため、その健康を維持するための医療や薬に関する職業は、この先もずっと半永久的に必要です。
人が医学を生み出してからかなりの年月が経っていますが、それでもまだまだこれで完璧ということはなく、今もなお進化し続けているのです。

 

ということは、これから先も今と変わりなく、もしくはそれ以上に医療や薬に関する職業は重宝されていくということです。
ですから、もしも若い人で何を目指すべきか職業の選択で迷ったならば、医療や薬に関する職業を目指してみてはいかがでしょうか?

 

それらは生半可な気持ちでできるほど易しい職業ではありませんが、その分人生をかけて従事することのできる素晴らしい職業でもあります。
細かい職業の分類としては、医師、看護師、薬剤師などが代表的な仕事になります。トリキュラー21

 

それらになるためには、難しい医学を覚えて資格を取得しなければなりませんが、多くの人が医療や薬に関する職業に就いているのですから、
決して就くのが不可能というわけではありません。

 

そして、1度就いてしまえば将来がかなり安泰な職業と言えますので、若い人には特にオススメできます。
もちろん、人の健康を扱う仕事ですから、それなりのプレッシャーはあります。

 

ただ、そのプレッシャーを乗り越えた先には、人からの感謝だったり、健康を守ることの尊さだったりなどがありますので、
数ある職業の中でもかなりやりがいのある職業だと断言できます。

 

また、社会貢献という意味でも大きな役割がありますし、人手不足の解消にも貢献しますので、社会的に大きなメリットがある職業と言えます。
働ければ大変ですから愚痴の1つもあるでしょうが、それでも社会を支えているのが自分だという自負があれば乗り越えることができます。

 

健康のことはとても身近な問題ですし誰でも関心のあることです。バイアグラ国産ジェネリック

 

若い内は遊びたかったりするでしょうから最初の内はもしかしたら辛いかもしれませんが、それでもそこを辛抱した先には必ず幸せがおとずれますので、
若い人には医療や薬に関する仕事に対してぜひとも積極的に就いて欲しいと私は思っています。

現在の日本は高齢社会となり、今後は超高齢社会と言われています。

 

その中でも、現在の高齢者は慢性的な病気を患っている方が多く、今後の医療の在り方として、病院に依存した医療ではなく、
在宅ケアを重視したものにしようという取り組みが社会的に行われています。

 

高齢者の8割がなんらかの病気を患い、そしてそれは生活習慣病を中心とした、根治する病気ではなく長期的な療養を必要とする病気が多数です。
そんな中で、いかに在宅医療を充実させて、患者自身が望む自分らしい生活を営んでいくかが今後の重要な課題となっています。

 

様々な老人施設もとても増えていると感じますし、通所型の施設なども多く目にするようになりました。
その中で、慢性的な病気においては外科的な手術などよりは、医師による問診と投薬が中心になってきています。

 

実際に私が所属している病院には、老人施設が併設されていますが、定期的に医師が訪問診療を行い、
投薬を行うというのが主な医療行為となっています。
また、在宅医療を重視させていくとともに、予防医学、リハビリテーション医学、終末期医療なども大きな役割を担っています。前立腺肥大治療

 

今回の診療報酬改定でも、急性期の病院と地域の診療所などの役割を明確にし、病院では手術などの高度な医療の提供を中心として行い、
診療所では慢性的な病気のケアを細やかに長期的に行っていく取り組みが国全体で行われています。

 

投薬に関しても、患者自身のかかりつけの薬局をつくり、服薬の管理や指導を行っていく取り組みが行われています。
今後この方針が続いていけば、私たちが高齢者になるころには、様々な医療が在宅で受けられることになるかもしれません。

 

抗がん剤治療や放射線治療までもが、通院だけでなく、在宅や施設で行われていくケースが増えていくと考えられます。
薬に関しても、現在は後発医薬品なども多数あり、患者様自身で様々なものを選択する自由が増えているように感じます。

 

また今後在宅ケアが重視されると同時に、必然的に終末医療と向き合うことが不可欠になってきますし、患者自身がどこでどのような生活を送り、
どのようにして最期の時を迎えるかをじっくり考えることができる時代になってきたと感じます。

 

私たち医療にかかわる仕事をしている者にとっても、そういったことをしっかり理解し、今後患者様と向き合っていきたいと考えます。